投資・事業用物件

ホーム > 投資・事業用物件 [ 不動産投資・収益物件について ]

不動産投資・収益物件について

不動産投資とは

不動産を購入し、第三者に売却または賃貸することによって収益を得る投資方法の一つです。
バブル経済期の売却益(キャピタルゲイン)を目的とした不動産投資とは異なり、現在では購入した不動産を手放さず運用することによって、継続的に得られる(インカムゲイン)を目的とする不動産投資に変わってきております。
ここ数年、低金利、ペイオフ全面解禁によって、資産の運用先の一つとして不動産投資が注目されております。

不動産投資のメリット

不動産投資物件・収益物件を購入した場合、またはアパート・マンション経営をする場合、どのようなメリットがあるのか、簡単に5つに分けてご説明いたします。

メリット1 節税対策

節税面ではどのようなメリットがありますか?

アパートローンの金利、建物の減価償却費、その他を必要経費として控除でき、不動産所得が赤字になった場合、給与との損益通産ができ、税金が戻るケースがあります。

メリット2 相続対策

相続対策としても有効だと聞きましたが。

相続や贈与の際、現金や預貯金は金額が課税対象となります。不動産の場合は評価額が課税対象ですから税金面では有利です。節税しながら、財産を贈ったり遺したりできます。

メリット3 生命保険機能

死亡した場合、遺族にローンが残るのが心配です。

アパートローンを借り入れた場合、ほとんどの金融機関で団体生命保険というものに加入していただくことになります。ご本人に万一の事態が発生した場合、この団体生命保険が下り、アパートローンの残高を一括返済してくれることになっています。
すなわち、あなたの大切な家族、遺族に後々、借入金ゼロの収益物件が手元に残り、家賃収入を運んで生活を守ってくれます。

メリット4 年金/老後対策

将来の年金に不安があります。

年々、年金支給開始年齢が繰り上がってきております。60歳定年が現況の経済情勢の中で大きく延長される要素がないので、そのギャップを心配される年齢層の方も多くなっています。
このギャップをどう埋めるか、安定生活ためになにか収入を得る道を持っておきたいものです。さらに、年金財政の破綻が問題視されている中で、この私的年金対策とも言えるアパート経営は、近年急速に需要が増え、多くの方々に注目されております。

メリット5 賃料収入

毎月収入が得られます。

不動産投資以外の金融商品で毎月収入が得られる商品は少ないかと思います。株式投資の配当でも、半年もしくは一年に一度がほとんどです。場合によっては、投資先の企業の業績悪化の為、配当が行われない場合もあります。それとは逆に、不動産投資では、毎月収入(家賃収入)を得られます。これが不動産投資の最大のメリットかと思います。

不動産投資・収益物件を探す